目的にあったmicroscopeを選ぶポイントを徹底解剖!

男性

オートフォーカス機能付き

顕微鏡

高性能スコープとは

将来を期待されている生物科学やバイオ研究は、ミクロサイズの観察対象とにらめっこし、小さな変化を一つ一つ確認していかなければなりません。この日本の未来に期待されると同時に気の遠くなる作業をサポートするのが、microscopeです。microscopeがあれば、その時々の変化を観察するだけでなく、撮影して記録したり、サイズや距離を測れるため研究開発に欠かせません。最近ではさらに高度なmicroscopeが、開発され先端研究に投入されています。例えばフルハイビジョン機能やオートフォーカス機能を搭載したmicroscopeがそれです。解像度1920x1080あるため対象を鮮明に捉えれますし、対象物をオートフォーカスするため、デジタルカメラやスマホで写真を撮るように誰でも簡単に対象物を捉えられるので、焦点を合わせるために手間を取ることもなくなります。モニターの出力するためのHDMI出力は当然として、モニターのカーソルをマウス操作できる機能も搭載されているなど、操作性や作業効率化を目指したmicroscopeも登場しており、より高機能かつ低価格化も進んでいます。このmicroscopeの機能の一つが組み合わせ可能なことでしょう。例えば、目的別に倍率の異なるレンズを着脱して使用したり、観察対象から一定の距離を取るためのスタンダードスタンドを変更できるため、バイオ生物学の研究だけでなく、電子基板やプリント基板の開発、教育現場まで利用されています。