目的にあったmicroscopeを選ぶポイントを徹底解剖!

男性

光学顕微鏡の選び方

子供

光学顕微鏡を選ぶ際のコツ

microscopeとは、顕微鏡のことです。更に言うと、顕微鏡とは通常目視できないほど小さなものを、レンズ等を通すことにより拡大して確認することができる機械のことです。しかし、ひとえにmicroscopeと言っても、その種類はさまざまで、光学顕微鏡、電子顕微鏡、走査型ブロープ顕微鏡、X線顕微鏡、超音波顕微鏡、バーチャル顕微鏡等が挙げられます。この中で1番知名度が高いのは光学顕微鏡でしょう。このmicroscopeには、選び方にコツがあります。そのコツとは、用途に合わせて適切なものを見極めるということです。光学顕微鏡は、切り取ったものをプレパラートに載せて観察する生物顕微鏡と、物体をそのまま載せて3次元的に観察する実体顕微鏡の2つに大きく分けることができます。対象物質を上記のどちらの方法で観察するかで使用する顕微鏡の目処をつけることができます。生物顕微鏡は下から光を当てるので薄い対象物の観察に向いており、実体顕微鏡は上から光を当てるので厚みがあるものの観察に向いています。例を挙げると、プランクトン等の微小で厚みのないものは生物顕微鏡を、虫の卵など目視で確認できるものを更に詳しく見たい時は実体顕微鏡を使うのが良いでしょう。現代の技術の進歩はとても目まぐるしいです。そして、研究に使うmicroscopeは、今や無くてはならない存在です。 選ぶ際には対象物の大きさや厚みを考慮して、適切な顕微鏡を選びましょう。