目的にあったmicroscopeを選ぶポイントを徹底解剖!

レディ
子供

光学顕微鏡の選び方

microscopeとは顕微鏡のことです。その種類は実に多いのですが、代表的なものは光学顕微鏡と言えます。光学顕微鏡は対象物のサイズにより適切なものが変わりますから、その辺りを見極めて選ぶと失敗することはないでしょう。

顕微鏡

オートフォーカス機能付き

将来的に日本の経済を支えるmicroscopeの高度化が進んでいます。特にオートフォーカス機能やフルハイビジョン機能を搭載したモデルが安価な価格で登場しており、中小企業の研究室でも利用されています。また教育現場においても立体的な画像を見ることができるため、将来の研究者や開発者の育成につながります。

種類が豊富にある

女の人

多くの企業や機関でmicroscopeは活躍していますが、このmicroscopeを導入するときには、用途や目的をはっきりさせることが大切です。研究用に使用するのか、検査や臨床用なのかによって、最適なmicroscopeが違ってきます。さらに製造場所も商品ごとに違っています。メンテナンス含めて長い間使用するのであれば、国内製造されたもの、国内メーカーのものを導入するようにしましょう。また外国製のものでもアフターケアが充実しているもの、仲介業者がしっかりとしているところがあるので、性能や料金などもチェックした上で契約は行なうようにすべきです。このmicroscopeは、実体顕微鏡や生物顕微鏡、金属顕微鏡などの種類があります。現在は複数人でチェック可能なモニタータイプも登場しています。カタログを取り寄せて、じっくりと検討した上で判断もできるので、迷ったらカタログ請求をしてみましょう。あるいは、すぐに購入ではなく、一時的にデモ機をレンタルできるところもあります。そうすれば実際に使ってみて、使いやすさ含め細かい部分までチェックすることができます。複数台の導入を検討しているとなると、どうしても導入費用は必要になります。購入した後で後悔しないためにも、一度実際に使ってみるといいでしょう。デモ機を貸し出しているところと、デモ機を用意していないところがあるので、その点も確認が必要です。さらに無料か有料かも異なっているので、注意しておきましょう。実際にmicroscopeの貸し出し依頼するときには、希望機種と希望日時、希望期間や送り先情報などを伝えることになります。

男女

スタンドは手動か電動か

microscopeは、スタンドの機能でも選べます。一般的には手動スタイルのものが多くなっていますが、マウスカーソルやタッチペン、タッチモニターを操作して自動的にmicroscopeが上下するという機能もあるため、研究開発の効率をアップさせるのに役に立つことでしょう。